日本の病気と医学

日本人の3大死亡疾患。

今、日本人の死亡原因は、下記の3大疾患と言われています。

  • がん
  • 心疾患
  • 脳血管疾患

生活習慣病から、発病するケースも多くありますが、その治療法は、現状素晴らしい進歩を遂げています。

ただし、その反面、根本的な治癒への成果は未だに望めない状況です。

そのため、現段階では、自ら「予防することを意識していかなければなりません。

予防を心がけることによって、3大死亡疾患以外の病気を防ぐことにも、大きく関係していきます。

予防する医学を学ぼう。

予防の医学とは、病気にかからないよう、未然に防ぐための医学と考えます。

病気になったら病院での治療、薬の服用をすることが「治療の医学」です。

それに対て、食生活や、軽い運動、生活習慣などを見直し、病気にならない「からだ」をつくっていくことが、当たり前のことですが「予防の医学」と言えます。

また、病気になって悪化してしまってから、治すのは時間もお金も体力、精神力も使いますよね。

病気を早期に発見する意味では、人間ドック、健康診断も予防の医学の一つと言えます。

医療も進化していますが、インターネット社会の現代では、自分自身で病気を予防するための情報をいくらでも入手できる世の中です。

これからは、「予防の医学」の時代とも言えるのではないでしょうか?

病気にならないことはもちろん、病気にかかった後の再発防止も予防の医学です。

西洋医学と代替医療の相互関係。

予防の医学を実践していく上で、西洋医学と代替医療が要となってきます。

西洋医学は、病気の原因を取るための薬や手術など病院で治療することが中心になります。

予防しきれない、感染症や早期発見のがんなどに優れた治療法ですね。

代替医療は、稀に信用できないものもあると思いますが、基本的には「自然治癒力」と免疫力を高め生きる力を強くするために有効です。

また、近代の日本では、日常のストレスを抱える人が増えてきています。

薬や手術では治せない、その日常のストレスを解消することで、健康で快適な日々を送ることも重要です。

このページの先頭へ