生活習慣で予防する

生活習慣病は、今や健康長寿の最大の阻害要因となっていることは、多くのマスコミ報道等で国民はどなたもご存知の通りですので、国(厚生省)を上げて、生活習慣病の改善と予防が大きな課題となっております。

生活習慣病で有名なのは何といっても糖尿病で、患者の数は推定890万人程といわれております。

それと糖尿予備軍を含めると約2,210万人以上となり、不健康な日本人が浮き彫りになっているのが現実です。

これらの多くは日常生活の中での適度な運動やバランスの取れた食生活で予防できるものなのです。

不健全な生活習慣の積み重ねで、内臓脂肪型肥満が増え、高血圧が3970万人、脂質異常症4,220万人とされており、国民の半分以上が生活習慣病にという具合なのです。

健康のため、日常生活でコレを気をつけたら予防できた

いつやるの肥満解消

生活習慣で一番気になるのは、何としっても肥満ではないかと思います。この肥満の2大要因は、言うまでもない食べすぎ(エネルギーのとりすぎ)と運動不足から来ております。 実は日本人の平均エネルギー摂取量は10年前から差ほど変わっておりません。

そうしますと、簡単にいえば食べる量は増えていないのに、肥満の人は増えている・・・

毎日のことだから気をつけたい!たまったストレス解消法

習慣病の坩堝に落ちていく悪循環

現代人は、毎日さまざまなストレスを抱えて生活しています。

ストレスから逃れる為に、無意識で食べることで満腹感を見たし、益々生活習慣病の坩堝に落ちていく悪循環。そこでストレスから逃れることは出来ませんが、ある程度たまったストレスから解放される方法は・・・

このページの先頭へ