毎日のことだから気をつけたい!たまったストレス解消法

習慣病の坩堝に落ちていく悪循環

現代人は、毎日さまざまなストレスを抱えて生活しています。

ストレスから逃れる為に、無意識で食べることで満腹感を見たし、益々生活習慣病の坩堝に落ちていく悪循環。

そこでストレスから逃れることは出来ませんが、ある程度たまったストレスから解放される方法はいくつかあります。

方法はたった、3つの実行だけですから誰にでも出来ます。

  1. コミュニケーションを取る。

    ストレス発散方法の中で一番多いのがやはり、友達と食事をしたり飲みに行ったり、電話で話しをすることでした。

    最近では電話の長話は女性だけではなく男性も多く、気の合う仲間とワイガヤするのが何よりのストレス解消のようです。

    人はやっぱり一人では生きられない生き者のようです。

    そして、ストレスが溜まる理由は、いろいろある中で、最大の原因は、自分の意思を相手に伝えられない時が圧倒的に多いのです。

    ここに面白い事実として、本来伝えたい(コミュニケーション)相手ではなく、何故か別の人にそのことを話すことによって、話を聴いてもらったという安心感から気持ちが楽になったという話は良くあることです。

  2. 今の自分が置かれている状況を知り、認めること。

    ストレスになりますと冷静に考えたり判断をしたいりといったことが一瞬出来なくなることがあります。

    頭の中が混乱した状態では、早く冷静さを取り戻すことが何より大切になりますので、一体どうすればいいのかを考えるよりも、まずは、置かれている状況を冷静に見つめ直し、本当の状況を知る必要があるのです。

    では置かれている今の状況を正しく認識する方法は、どうすれば良いのかと言えば、ズバリ、「見方を変える&視点を変える」る事です。

  3. 何か自分で物事を制御することが出来るものと付き合う。

    ストレスは本来、自分が自分をコントロール出来ない原因から発しているので、その逆をしてあげることで、上手に解消している人は結構多いようです。

    例えばゲームをするとか、パリチンコをするとか、車の運転をして何処かに出かけるとか、とにかく自分でコントロールができて、征服感を味わえるようなことをすることです。

    極端な話で、少々恐縮ですが、男性が女性を抱いて、征服感の後の余韻を満足感で満たすのは、コントロールができたからではないでしょうか。

このページの先頭へ