老化は睡眠のとり方でこんなにも改善する

メラトニンの活動がとく眠れる秘訣

実は、質の良い睡眠はメラトニンというホルモンが関係しております。

このホルモンこそ、老化現象を防ぐことが可能な睡眠ホルモンの「メラトニン」と呼ばれるものなのです。

メラトニンを分泌するのは脳の松果体と呼ばれている部分なのですが、朝起きてから、15時間程経過してからでないと分泌されない特性がるのです。

起床してから15時間経過と言えば、朝の6時に起きても夜の8時からでないとメラニンは分泌されないと言うことになります。

メラニンのメカニズムとしては、日中に確り光を摂り入れてから、夜になると活発に分泌しますので、それによに人は夜になると眠たくなっていくのです。

人は少し薄暗い方が眠たくなるのはメラトニンの活動が活発だからなのです。

このメラニンが活発でないと、睡眠ホルモンが分泌されに難いので、体の疲れを寝て回復することが難しくなり、老化にも拍車がかかってしまうのです。

ですから、睡眠を上手にとるにはメラニンが必要で、不規則な生活や乱れた睡眠リズムの人には分泌がスムースに行かなくなってしまうのです。

メラトニンは老化を抗酸化する役割もはたしている

老人が夜に何度も目が覚めるのは、このメラトニンの不足からで、老人は朝が早いのは実はメラニンが加齢から少なくなってしまったからなのです。

眠りが浅いと、どうしても頭が重いとか、だるいと言った症状になるので、ますます、ただでさえ老化が進んでいく人が、老化現象に拍車をかけを悪化させてしまうのです。

具体的には、成長ホルモンの分泌量が急激に伸びる瞬間は「ノンレム睡眠」の時間帯ですし、メラトニンは老化を抗酸化する役割もはたしていると言われているのです。

それと、メラトニン分泌に欠かせないのが、セロトニン分泌なのですが、睡眠不足や生活習慣が乱れてると分泌され難い性質なので、分泌不足は交感神経にも影響を与え、自立神経の乱れにまで至り、結局は血流の不安定化につながるので、新陳代謝もスムースに行かなくなってしまい、肌荒等々にまで及び老化を即す原因となってしまうのです。

このページの先頭へ