良質な睡眠はストレス解消だけでなく健康の源だった

テストステロン値を高くすることが大切

テストステロンというホルモンを御存知だろうか。

一昔前までは男性の“下半身”に取って大事なホルモンということになっておりましたが、実は、肥満や生活習慣病や、精神コントロ-ルにも影響を与えるホルモンであることが分ってきました。

この「テストステロン」の値を高く保つことは健康的な生活を送る源でもあるのです。

そこで毎日の生活で気をつけたいのはやはり、睡眠と食事の質問いことになってきます。

よく眠ることは、疲労やストレスが解消されやすくしますので、当然、テストステロン値は高くなっていくのだそうです。

このことは実験結果からも証明されており、睡眠時間が短い人はテストステロン値が低いのです。

質の良い睡眠は寝る前に、ストレッチをしたり、ぬるめの風呂にゆっくり浸かり、副交感神経を落ち着けてから布団に入ると熟睡しやすくなるなるというわけです。

このように見ますと睡眠不足は体に様々な影響を与えることになり、快眠はホルモンの分泌を良くし、それに伴い体調も良くなるので、健康に生きるための源ということになります。

良い生活リズム+仰向け状態で寝る

健康のために、食事・運動・睡眠は歯車のように順調なるリズムで回転していくのが理想なわけで、人が生きて行く3本柱であると言えます。

食事と運動は意識して何とかなるとしても、睡眠の質が悪のは、寝ながらコントロールはできませんので、質の良い睡眠には、下準備が大切ということになります。

そこで最後に、ぐっすり眠るコツですが、仰向けのときが一番深く眠っている状態だと言われておりますので、仰向けの状態を保つことが重要になってきます。

一晩に20~40回の寝返りをすると言われておりますので、寝返りのままにしないで、浅い眠りのときには意識して、まっすぐな寝姿勢を心掛けることが大切になります。

問題は、平日に3~4時間しか睡眠時間を取れない人ですが、反動で休日の長時間睡眠は、生体リズムに悪影響を与えることになり、心身不調に結び付くので、平日の睡眠時間を細切れ時間でも良いので確保するようにしてください。

このページの先頭へ