睡眠で改善する

人間にとって質の良い睡眠とは、「ぐっすり寝た」と感じた眠りが何よりです。

睡眠には「ノンレム睡眠」:熟睡している状態と、「レム睡眠」:体は眠っても脳は起きている状態があり、それが90分間隔で繰り返されると言われております。

ですから、質の良い睡眠とは「ノンレム睡眠」を上手にとることであり、それは眠りについてからの3時間が一番よい睡眠だと言われております。

そんなわけで、眠りの浅い「レム睡眠」の時に目覚めるとスッキリした目覚めを得られることになるのです。

それから、一日は24時間ですが、人間の体内時計は25時間だと言われておりますので、この1時間のズレを治すのには、夜は暗くすることで、リセット出来るそうです。

老化は睡眠のとり方でこんなにも改善する

メラトニンの活動がとく眠れる秘訣

実は、質の良い睡眠はメラトニンというホルモンが関係しております。このホルモンこそ、老化現象を防ぐことが可能な睡眠ホルモンの「メラトニン」と呼ばれるものなのです。メラトニンを分泌するのは脳の松果体と呼ばれている部分なのですが、朝起きてから、・・・

良質な睡眠はストレス解消だけでなく健康の源だった

テストステロン値を高くすることが大切

テストステロンというホルモンを御存知だろうか。一昔前までは男性の“下半身”に取って大事なホルモンということになっておりましたが、実は、肥満や生活習慣病や、精神コントロ-ルにも影響を与えるホルモンであることが分ってきました。 この「テストステロン」の値を高く保つことは健康的な生活を送る源・・・

このページの先頭へ