免疫力で予防する

「免疫力」とは簡単にいえば、外からの外敵を退治し、健康な体をを維持する力です。

実は60兆個あるとされる人間の細胞には認識力が備わっていて、型の違う異物は体内に入ろうとすると、拒否する力が働く仕組みになっているのです。

免疫は自然免疫と獲得免疫の2つにわかれており、自然免疫とは、生まれつき持っている免疫系で、獲得免疫とは、いろいろな抗原に感染することで身につく免疫系です。

例えば、ウイルスは低温で乾燥した環境に適しておりますので、冬の乾燥した空気の時には繁殖しやすくなるため、体力のない人は、風邪を引いたり、インフルエンザにかかりやすくなったりすのです。

その際に活躍するのが、白血球で、ウイルスの駆除に全力で戦う分けです。

免疫力UPで健康体

腸が喜ぶ発酵食品や食物繊維を意識してとる

では免疫力を上げて健康になるにはどうすればよいでしょうか。一般に知られているのが、体温が1度上がると免疫力は 5~6倍アップするということですので、体は暖かくしておくことが良いという結論になるのです。よく患者さんに手当をすというのがりあります・・・

免疫力をつけるために、今すぐできること

理想のリンパ球が35%・顆粒球60%

免疫力とは、細菌やウイルスの侵入を防ぐと同時に、がん細胞を退治してくれることも担っているのですが、この役目は白血球が請け負います。 白血球にはリンパ球と顆粒球があり、そのバランスは、健康な人であれば、「リンパ球が35%」「顆粒球が60%」が理想とされております。そこで、リンパ球と顆粒球のバランスを・・・

このページの先頭へ